» 2015 » 9月のブログ記事

食後3時間以内に寝るのはNG!

| 未分類 |

同じカロリーを摂取したとしても、摂取後の行動によって吸収率が変化します。よって、例え高カロリーのものを食べたとしても活動前の朝や昼であれば、吸収されにくいため脂肪になりにくい傾向にあります。
そこで、ダイエットや健康管理を気にする人であるなら、食後3時間に寝ることは極力避ける心がけが必要です。食後の体は糖分濃度が高いため、そのままの状態で眠ってしまうと、脳はそのカロリー消費の宛てる先がわからないため、消費の必要なしといった指令が体に出される仕組みです。よって脂肪の合成を高めると同時に体に脂肪をため込む働きをしてしまいます。「食べた後にすぐゴロゴロしていると牛になる」といった言葉がありますが、これはただたんにだらしないという意味だけではなく、きちんとした裏付けのあるものです。
ただし、だからといって食後すぐに激しい運動をするのは健康的に良くはありません。しっかりと消化を行うために血液が胃など消化器官に集中するため、強引に体を動かすと食べたものがスムーズに消化されなくなってしまうからです。ぐっすり眠ってしまうことは避けたいものですが、激しい運動も好ましくないため、ゴロゴロせずあたたかいお茶などを飲みながら、リラックスできるぐらいが丁度よいです。

炭酸水を摂取するメリット

| 未分類 |

炭酸水を摂取すると、胃腸を刺激して消化吸収の働きを活発にしてくれます。
炭酸水を食膳に飲むと胃腸を刺激してくれるだけでなく、炭酸によって満腹感を得やすくなります。
それにより、ダイエット中の方は食事の量を減らすことができます。
しかも、水なのでカロリーを気にしなくて大丈夫です。
食事の時だけでなく、炭酸は疲労回復に効果があります。
労働や運動をした後に炭酸水を飲むことで、疲れが回復しやすくなります。
運動によって、失われた水分も補給することができてカロリーも気にしなくて良いのです。
以上の事から、ダイエットにはかなり向いている飲料です。
胃腸の動きを活発にしてくれることから他にも、便秘や冷え性の方にもオススメの飲物です。
水を炭酸水にかえるだけで、これだけ沢山のメリットがあります。
炭酸が効果的だからといって、甘味料が入った炭酸飲料にしてしまっては糖質の過剰摂取になってしまいます。
炭酸入りのアルコール飲料はもっての外です。
しかし、過度に運動をして疲労した際には糖分の補給も必要となります。
どれだけの運動量なのか?ダイエットにマイナスにはならないか?等をよく考えた上で、甘味料の入りの炭酸飲料を選択すならばOKです。

ダイエット中には空腹感が常にありますから、我慢できずに間食してしまうこともあります。間食は絶対によくないという考えもありますが、完全に我慢すると逆効果になることもあります。そのため、腹持ちがよくて栄養価が極めて豊富なナッツ類を少量だけ食べることがおすすめです。

脂肪分が豊富な洋菓子を食べればカロリーが心配ですが、ナッツ類だけを少し食べる分には健康的です。豊富なビタミンやミネラルのおかげで、ダイエット中に不足しやすい栄養を補えることも重要です。ナッツ類には豊かなコクや香りがありますから、少量だけでも味覚が満足しやすい利点があります。血流をよくするために有効な成分が豊富ですから、美容のためにも役立つ食べ物です。

我慢して欲求不満を爆発させるよりも、ナッツ類を食べてストレスを解消したほうがダイエットは長続きします。クルミやアーモンドは脂肪分が多いと思われがちですが、とても良質な油となります。肉の脂肪とは基本的に違いますから、適度な量を食べる場合にはダイエットにも有効となります。

ナッツ類は小分けにして手元に置いておくことで、お腹が空いたときに素早く利用できます。最初から量を確実に決めて、食べ過ぎをしないようにすれば太る心配もなくなります。

ダイエットをする時には、空腹感との戦いでもあります。でも、お腹がすいた状態では、仕事にも勉強にも集中はできません。空腹を満たしながら、確実に体重を減らしていくためには、何を食べるかにも関心を持つ必要があります。お米やパン、麺類などの炭水化物は、ダイエットの時には控えたい食品です。砂糖をたっぷり使ったスイーツなどは、ダイエット期間は控えるべきものです。しかし、お腹を空かせたままだと、リバウンドもしやすくなります。

そこでメインで食べたいのが、カロリーの少ない野菜の食材です。新鮮な野菜は低カロリーですから、たくさん食べても、炭水化物や砂糖みたいに、体重がどんどん増えることもありません。ビタミン類などの栄養も豊富なため、健康にも良いですし、美しいお肌のためにもなります。

食物繊維も豊富なため、便通も良くなるため、ダイエットには良いことばかりです。サラダにすれば食感もあって、噛みごたえもあるため、満腹中水が刺激されやすくなります。おやつには、野菜スティックなどを、あらかじめ用意しておけば、お菓子のドカ食いも防ぐことができます。冷蔵庫に、すぐに野菜が食べられるような状態で、ストックしておくとよいでしょう。

美味しくて低カロリーな食事のレシピとして、トライの価値があるのが、野菜をたっぷりと使ったスープです。食べないダイエットは健康にも肌にも良くないですし、お腹がすいてドカ食いにもつながりやすくなります。ですから、野菜をたっぷり使ったスープは、まさにダイエットの救世主のようなメニューとも言えます。野菜類はカロリーも控えめですし、ビタミン成分などの栄養素も豊富です。

お鍋を用意したら、野菜をカットして煮込むだけの、簡単な低カロリーレシピです。具材にはたっぷりの野菜を入れますが、ダイエットがメインの目的なので、芋類は控えめにしましょう。人参にセロリ、キャベツに玉ねぎ、ごぼうにピーマン、きのこ類に味付けはコンソメです。塩とコショウを加えて、味の調整をしてもいいです。

野菜は食べやすいサイズにカットしましょう。大きめの鍋に、野菜類とコンソメ、水を入れてコトコトと煮込めば完成です。気温が低い冬のシーズンであれば、温め直して数日は食べることもできます。特に加える野菜に決まりはないので、芋類だけ避けて、あとは冷蔵庫にある野菜を使って作るといいです。ダイエットレシピでもありますし、冷蔵庫の野菜の処理にも向いています。

腸内環境を整え便秘を防ごう!

| 未分類 |

多くの女性を悩ます問題の1つに、便秘が挙げられます。その症状は様々で、ひどい場合は数ヶ月排便がない人もいるのです。便秘がひどくなると、体重が増加したり、肌荒れを起こしたり、イライラしたりと、様々な弊害も現れることが分かっています。
ではまず、多くの女性を悩ます便秘の原因から紐解いていきます。その原因の1つは、近年注目されている、腸内環境の悪化が考えられます。腸内環境が健康であれば、善玉菌が優勢の状態となります。善玉菌は、人体に良い影響を与えていくれる菌のことを意味し、消化や吸収を助けてくれる働きを担っています。その上、消化管の機能向上や免疫機能も高めてくれるのです。しかし、腸内環境のバランスが乱れることで悪玉菌が優勢となり、腸の動きが鈍くなることが分かっています。その状態が継続することで、便秘につながるのです。また、悪玉菌が増加すると、アレルギーや大腸がんのリスクも高くなり、なるべく早く改善することが重要です。
以上のことから分かるように、腸内環境を整えることは大切なことであり、そのためには善玉菌を増やすことが欠かせません。善玉菌を増やす方法には、ヨーグルトや乳酸菌飲料、発酵食品などを摂取することが重要です。また、生活習慣を見直し、ストレスを軽減させることも腸内環境を整えるためには必要なのです。

ダイエットをする時に、気をつけておきたいのが、ストレスを溜めないという事です。
特に食事制限によって痩せたいと考える場合、我慢をし過ぎない状態でダイエットをしていく事を意識しておく事が大切です。
一気に痩せたい、体重を減らしたいと考えた場合、食事を抜いてしまう人は少なくありません。
ですが、食事を抜き空腹感が長く続くと、次の食事で食べ過ぎてしまうという状態になってしまう事があります。
抜いた食事以上に食べ過ぎると、ダイエットの効果が出なくなってしまいます。
甘い物や間食を食べないようにする場合であっても、我慢をし過ぎると、どこかでその反動が出てしまう可能性があります。
その為、我慢をするのが辛いと感じたら、ナッツやドライフルーツを間食として食べる事がお勧めです。
ナッツやドライフルーツはよく噛んで食べるようにする事で、少量でも満腹感を感じやすい状態となります。
少しでも何かを食べる事で、我慢をしているというストレスを軽減させていく事が出来、無理なくダイエットを続けやすい状態を作る事が出来ます。
ダイエットには我慢がつきものと考える人も少なくありませんが、我慢をし過ぎると、反動で食べ過ぎてしまう原因となってしまう事になります。

痩せたいのであれば、なんらかの方法でダイエットをするようにしなくてはなりません。
目標の体重を設定してそれに近づけるようにしていくといいでしょう。
しかし目標体重に達することができたとしても、そこからまたリバウンドしてしまうような事になれば、何のために今まで努力をしたのかがわからなくなってしまいます。
ダイエットをする時には、痩せることも目標にしなくてはなりませんが、リバウンドをしない方法で痩せるようにしなくてはなりません。
そこでリバウンドをする可能性を高めてしまうのが、食事の量を極端に減らしてしまうところにあります。
痩せたいからと言って食事の量を極端に減らすようなことをしてしまえば、一時的に体重を落せたとしても、そこから少し食事をしただけでも体重がどんどん増えてしまうことになるのです。
そして食事の量だけではなく、回数を極端に減らす事も、リバウンドへとつなげてしまうことになるでしょう。
食事の量や回数を極端に減らすのではなく、食事内容を見直すようにしたり、間食を減らすようにしてみる事です。
食事をとる時間も大切になりますので、寝る前には食事をしない様にして、早い時間帯に食事を終えるようにしておかなくてはなりません。

1週間に3キロ痩せることは、決して非現実的なことではありません。5キロやそれ以上痩せたいとなると1週間では無理があるかもしれませんが、3キロならば大いに達成できる可能性があります。
そのためには、その1週間はせめて、食生活や生活リズムを見直す必要があります。特に気を付けるべきなのは夜更かし。
痩せるためには、新陳代謝がとても重要です。特に、夜の10時から2時までの間は、成長ホルモンが最も分泌される時間帯であり、この時間に起きていると、成長ホルモンが充分に分泌されません。成長ホルモンは新陳代謝を促し、新陳代謝が良いとカロリーを消費しやすくなるので、この1週間は、規則的な生活リズムで代謝を良くすることを第一に考えましょう。
そのためには、朝起きる時間と夜寝る時間を決め、規則的な生活リズムを作ります。睡眠時間は、1日7時間とるのが理想です。
朝起きたら、朝食は抜かずにきちんと摂りましょう。起きてから1時間以内に摂るのが理想です。ここで栄養を摂らないと、かえって体が脂肪を溜め込んでしまいます。
また、朝はデトックス効果のあるものを摂ると、よりダイエット効果が期待できます。体内の毒素を排出すれば、その分のエネルギーを代謝に回せるからです。ミネラルや酵素を豊富に含んだ生の果物や、時間がなければ100%のジュースでも良いので摂るようにしましょう。
昼食や夕食は、なるべく炭水化物を控えた方が、ダイエットには効果的です。夕食は夜寝る2時間前までに摂り、お風呂は夕食後、寝る前に入るのがベストです。湯船に浸かると代謝が良くなり、夕食のカロリーも消費できます。

af0060020114m1週間で3kg痩せたい、最短でダイエットをしたいと考えた場合、有効なのが、食事のカロリーを見直す事です。
本格的に痩せたいと考える場合、体に筋肉をしっかりとつけ、有酸素運動をしていく事が有効になります。
ただ、1週間で筋肉をつけ、3kg分の脂肪を燃焼させるという事は、簡単ではありません。
1週間という期間で、しっかりと体の脂肪を減らしたいのであれば、食事を見直し、その量を制限していく事が有効です。
この際、最も有効なのが、置き換えダイエットです。
痩せる為には、食事を極限まで抜けば良いと考える人も少なくありませんが、食事を抜くとストレスが溜まるだけでなく、毎日の摂取カロリーが基礎代謝量を下回ると、体は今後のカロリー不足に対応できるように、筋肉を落とし基礎代謝を落としていく事になります。
それにより、今後、痩せにくい体になってしまう為、極端な食事制限はお勧めできません。
それよりも、栄養がしっかりとありカロリーが少ない酵素ドリンクやスムージー等と置き換えるようにする事がお勧めです。
それにより、カロリーを大幅に減らす事が出来るだけでなく、栄養不足が原因で起きる肌荒れや健康への影響が出ない状態で、体重を減らしていく事が出来ます。

最近の投稿