» 2015 » 10月のブログ記事

鼻呼吸と口呼吸の違い

| 未分類 |

呼吸器官には鼻と口があります。意識している人は少ないでしょうが、自分がどちらで息をしているか気にしたことはありますか。
実は、鼻と口、どちらで息をしているかによって体に与える影響が変わってくるのです。

例えば、口で息をしていると、小さな異物、ホコリ、塵、細菌、ウィルスなどが肺に入り込んでしまう可能性があります。すると風邪を引きやすくなったり、咽喉を傷めたりします。さらに、虫歯になりやすい、口臭がキツクなる、表情金が衰えるなどネックがたくさんあるのです。
対して鼻で息をしていると、細菌やウィルスを除去した綺麗な空気を取り込める、取り込む空気の温度調節をしてくれる、表情筋が鍛えられるなどのメリットがあります。

このように口と鼻では大きな違いがあるので、息をするのなら鼻ですること、これは鉄則として覚えておきましょう。

また、鼻で息をすることで女性に嬉しい作用があるのは小顔になれるということです。表情筋がゆるむと顔もたるんできてしまいますが、表情筋を鍛えると顔の筋力が引き締まり、小顔効果も期待できるでしょう。
これは、歳をとった時に特に大きく影響するので注意してください。

意識的に鼻で息をするようにし、健康を守りましょう。

鼻の美容整形手術にまつわるウソ・本当

| 未分類 |

美容整形の中でも鼻の手術は人気が高く、日本でも施術例の多い整形の一つです。

しかし、インターネットなどで色々な噂が飛び交い、鼻の整形での真実は意外と曖昧なのが現状です。
鼻の整形を受けたいと思っている人や、鼻にコンプレックスがある人にとって、実際どんなことがウソで、真実はどんなことなのか気になるところですよね。

鼻の整形には様々ありますが、一般的にはプロテーゼというシリコンを入れる方法と、ヒアルロン酸による注入、自分の軟骨を挿入する方法があります。

日本では鼻筋を通して西洋人のような鼻に整形するのは普通ですが、海外では大きいことにコンプレックスを抱いている人が多いため、鼻を小さくする手術が一般的なようです。

プロテーゼが飛び出したり、レントゲンで写ったりブラックライトで透けたりするのが噂として存在していますが、飛び出すこととレントゲンで写ってしまうのは本当で、ブラックライトで透けるというのはウソです。

無理な負担をかけてプロテーゼを挿入すると皮膚が薄くなり飛び出す可能性が高いのと、レントゲンでは鼻の整形をしたことはバレると思って良いですが、クラブなどのブラックライトで透けることはありません。

ちなみに、日本ではまだ認可されていませんが、最近では海外から鼻の整形施術しなくても鼻にカーブしたスティックを挿入するだけで高い鼻を演出できる鼻のプチ整形として人気の高い「Nose secret」という商品もあるので、鼻をなんとか高くしたいけど整形するのは怖いという人におすすめです。葉02

鼻が高くなる小顔マッサージの基本

| 未分類 |

日本人は低い鼻をコンプレックスに感じている人が多く、整形を考えている人もいるかもしれません。しかし、この部分は一生成長し続けるとされており、軟骨なので小顔マッサージなどのセルフケアによって高くすることもできます。マッサージはメイクを落とした清潔な状態の肌と行うと良いのですが、特に血行が良くなっている入浴後などに行うと効果が高くなります。毎日マッサージを続けることにより、1ヶ月程度で変化を実感できることもあります。もちろん個人差もありますが、この部分は軟骨なので癖がつきやすいですし、気づいた時に摘む程度でも効果があるでしょう。この方法なら生まれ持った骨格を活かして理想の顔を作り上げていくことができますし、整形のようにダウンタイムなども必要ありません。顔にコンプレックスがあるという場合、試してみると良いでしょう。毎日のケアが面倒な時は摘むだけでも良いですし、簡単に変化を実感できるので驚くかもしれません。最近では安易に整形に走る若い女性が増えてきているのですが、手術を受けると不自然で美しくない仕上がりになってしまうこともあるので注意しましょう。日本人はもともとそういう骨格なわけですし、ある日急に顔が変わったりしたらすぐに整形だと周囲の人に分かってしまいます。マッサージは一日で効果が出るわけではないため、続けていくことが大切です。

美しさというものは内面からあふれ出るものです。もちろん、生まれつきの美しさを持ったひとはいますが、努力次第で、誰でも美は手に入ります。

顔は人間の履歴書とも言われています。疲れている容姿では、対人関係において、あまりいいことはありません。はつらつとした笑顔でいつもいたいものです。女性であれば、たるみをとったり、小さいフェイスラインに憧れを抱く方が多いでしょう。それはエクササイズで可能です。

まず、毎日、口を大きく開けて、発生練習をします。筋肉が使われ、普段あまり使っていないところが刺激され、フェイスラインがよくなります。刺激を与え続けることで、スリムなラインの形成につながります。鼻が大きくて悩んでいる方は、小鼻を一日20回くらい、マッサージします。それだけで、鼻がすっとシャープになります。何事も続けることが肝心です。一日では効果は出ませんが、数か月もすると、整形なしで、スリムになります。

美人は整形でしか手に入らないというのは大きな間違いです。整形はメンテナンスも要りますし、一度やればいいというものではありません。自己流のエクササイズはいつでも好きな時間にやれるし、お金もかからないので、お薦めです。葉01

年々、歳を重ねていくと、鼻の穴が大きくなっていることに気付くことはありませんか。前までこんなに鼻の穴見えてったけ、正面から顔を見た時に穴がだらしなく開いている、前はもっとキュッと引き締まってなかったけ、とこんな具合に。自分の顔って、毎日鏡で見るのでなかなか変化に気付きにくいものです。なにかのきっかけで、まじまじとじぶんの顔を見た時に、エッと驚くことって残念ながらあります。さて、そんなはなの穴が大きくなった原因ですが、それはたるみです。そう、あのにっくき重力には逆らえない、と言われるあのたるみです。そんなたるみは改善できない?もう、諦めるしかないの?答えはNO!大丈夫です。マッサージで顔を引き上げてあげたら改善できます。さらにマッサージで余分な水分を排出できむくみが取れてはなを高くすることも可能です。では、方法です。まず、鎖骨のくぼみを押してほぐします。次に耳の下から鎖骨をほぐします。これで下準備は完了です。口下から耳の下へ、こばなから耳下へ、目の下からこめかみへ、目の上からこめかみへ、手を軽く滑らせて最後はこめかみから耳下へ、老廃物を流すようなイメージでマッサージします。これを毎日すると効果的です。

顔ヨガで目の下血流アップ!目のクマ撃退!

| 未分類 |

クマと一口にいっても、出来る原因によって青や黒、茶色といったように色が違います。
このうち最も一般的なものが青グマと呼ばれるもので、目の周りの毛細血管の流れが悪くなることで出来てしまうものです。
目の周りは特に皮膚が薄いため、毛細血管の流れが悪くなると、その部分に溜まって黒ずんだ血がうっ血して、目立つようになってしまうのです。
この青グマの原因は、寝不足や不規則な生活、眼精疲労、ドライアイなどの血行不良です。
ですので、青グマを解消するには、目の下血流をアップさせることが重要となってきます。
しかし、血流をアップをしようと顔のマッサージを気軽に行ってしまうのは要注意です。
なぜなら、顔周りの皮膚は外部からの刺激に弱いため、適度な力で行えなければ色素沈着などを引き起こしてしまう可能性があるからです。
こうしたリスクを避けつつ、目の下の血流をアップさせるために行っていきたいのが顔ヨガです。
顔ヨガは自分自身で意識的に顔の筋肉を動かすことで、その下にある血流やリンパを刺激して流れをよくすることが出来ます。
また自分の筋肉を動かすだけなので、マッサージなどと違って外部からの刺激を皮膚に与えることもなく、先述したようなリスクはありません。
毎日少しずつでも顔ヨガをすることで気になる目のクマを撃退することが出来るのです。桜02

まぶたは眼球を支える筋肉により動かされますが、意識しないでいると衰えてしまい皮膚が垂れ下がってきます。歳を取ると若い頃よりまぶたが下がってきたという思いをした人もいると思いますが、そんな原因があったのです。しかし原因が分かったなら対策を取ることが出来ます。それは顔ヨガです。そもそも欧米人は表情が豊かなので、多くの表情筋を使っているのに対し、日本人は20%ほどしか使っていないと言われています。顔ヨガは日本人が不得意とする顔の筋肉を動かすことで対策を取ることが出来ます。ポイントは日常生活にはない動きをすることです。私たちの生活ではパソコンやスマホの登場により、視線が一か所に集まることが多くなり、その間視線が動くことはあまりありません。特に事務仕事をしている女性は覚えがあると思います。その状態を続ければ眼球を支える筋肉は凝り固まってしまいます。その凝り固まった筋肉をほぐすには、まず目をしっかり開きます。次に素のままの状態で視線をゆっくりと右に動かしますが、一緒に顔を動かさない様に気を付けましょう。次に同じように上、左、下と視線をゆっくりと動かします。これを3回繰り返すだけで、血行が良くなり、眼精疲労にも効果があります。仕事の休憩時間に手軽にできるので、気になる人はぜひ試してみて下さい。

タイプ別ほうれい線に効く!顔ヨガのやり方

| 未分類 |

ほうれい線のタイプによって、顔ヨガのやり方は変わってきます。
表情を変える際、特に笑顔の表情をすることが多い場合ほうれい線が出てくるならば、横方向にばかり力を入れているためにほうれい線ができやすくなってしまいます。
顔ヨガをするならば、縦方向に力を入れるものをやるとよいです。口を大きく開けて顔を伸ばすようにやるとよいです。
表情をあまり変えない人でほうれい線ができているならば、顔の筋力が低下しているために起きている可能性が高いです。
顔の筋肉を使うために必要なヨガは、唇を突き出すようにして力を入れていくものなどがよいです。
顔の筋肉を使うようにすれば、血行も良くなるので体の健康にもよいものです。
ほうれい線は、肌の乾燥によっても引き起こされるものなのでリンパの流れをよくする方法をとるとよいです。
リンパを良くする方法は顔ヨガというよりも、姿勢を良くすることから始めるとよいです。
顔ヨガをする際は、意外と忘れているものが姿勢の改善です。
姿勢が悪いということは、それだけ体の血流が悪くなっています。体の調子を悪くしてしまう姿勢をしていると、当然顔にも影響が出てきます。
ほうれい線を改善するために、顔ヨガをすることは間違いではありませんが正しい姿勢で可能な限り毎日続けることが必要です。桜01

ほうれい線やブルドッグラインが気になるときには普段あまり使っていない顔の筋肉を効率的に鍛えることが出来るヨガを行うのがおすすめです。
まず頑固なほうれい線とバイバイするためには口を「お」の形にしてほうれい線部分に力を入れ、ぎゅーっと伸ばす顔ヨガです。ほうれい線が消える位置で状態をキープすることによって、口周りの筋肉の弾力を取り戻してシワを目立たなくさせます。また、口を閉じて舌をほうれい線をはじめ口のまわりをぐるっと一周するようにプレスするのもおすすめです。普段は使わない筋肉が痛くなる人も多く、口元の引き締めに効果的です。右回りも左回りもバランスよく行うと良いでしょう。
また、ヒヨコのまねのように口角から頬の内側の肉を吸い込み唇を上下にピヨピヨと動かすのも効果的です。傍目には簡単そうに見える動きですが、実際に行うと意外と筋肉を使ってハードな顔ヨガなので、すっきりとした口周りを手に入れたい人は必見でしょう。
顔ヨガは日ごろあまり顔の筋肉を動かさない人ほど効果を実感するのが早く、場合によっては一度行うだけでも顔の血行が良くなり改善効果を実感できることがあります。しかし大切なのは毎日の積み重ねでしょう。

顔ヨガでタルミ解消

| 未分類 |

年を重ねると顔の筋肉が衰えていき、頬や輪郭などの皮下脂肪を支える力が低下してしまいタルミの原因となってしまいます。顔がたるんでいると人により老けた印象を与えてしまいます。そのようにならないためには顔の筋肉を鍛えることが有効になります。
おすすめの顔ヨガとしては、「お」を発音する時の口を作り、そのまま形をキープしたまま鼻の下をできるだけ伸ばして鼻と口の間を広げたまま、目線を上に10秒間キープする小顔になる顔ヨガや顔のパーツ全てを中心に集めて一気に口、鼻から息を吐き切り、吐き終わったら顔全体をリラックスさせる筋肉を解して血行を良くする顔ヨガなどがあります。
そのほか、目線を上にして、舌を思いっきり下に突き出しながら口から息を吐き出し、吐き切ったら顔を戻してリラックスするものなどがあります。
これらの顔ヨガを一日二回、鏡の前で行うと効果的だとされています。
道具などを使わずに簡単にできてたるんでいるところを改善するだけではなく、顔の筋肉を鍛えることによってフェイスラインを整えることができ、血液循環が良くなるためむくみの解消や肌のくすみ、ほうれい線やシワの改善、小顔効果なども期待することができるようになります。観葉植物04

最近の投稿