» 2015 » 11月のブログ記事

小顔を作るテクニック:チーク編

| 未分類 |

毎日メイクをする女性はとても多いですが、実はメイクの方法を少し変えるだけで小顔に見えるテクニックがあります。小顔に見せるテクニックは色々ありますが、今回はチークの使い方に注目してみましょう。
メイクはしてもチークは使わないという人もいらっしゃいますが、必ず使う事をお勧めします。チークを使う事で頬骨を高く見せる事が出来ますので、顔がより立体的に見えます。まずは鼻の横の頬骨の上からこめかみの方へ向けて筆を動かします。余り濃くなりすぎると不自然にみえてしまいますので注意しましょう。色はオレンジ系が肌との相性も良いですし、幅広い年齢層の方にも合いますのでお勧めです。ピンク系は若々しく見えますが、少し年齢を重ねた人が使用すると違和感を感じてしまいます。頬骨の上に丸く色をのせるメイクテクニックもありますが、これは童顔に見せる方法になり、顔も横広がりな印象になってしまいますので顔が大きく見えてしまいます。チークは頬だけにしか使わない人もいますが、色を変えて、少し濃い目のブランを顔のサイドや髪の毛の生え際使用すると顔に影が出来て小顔に見せる事が出来ます。顔のサイドや生え際に乗せるチークは筆でさっと軽く色を乗せる程度で大丈夫です。

小顔を作るテクニック:アイメイク編

| 未分類 |

大きな顔がコンプレックスである人は多くいると思われます。小顔体操などの小顔になる方法はさまざまなものがありますが、手軽に小顔になりたいと言う場合におすすめなのがメイクによる小顔効果です。
小顔メイクにはさまざまなテクニックが必要ですが、ポイントのひとつがアイメイクになります。
アイブロウの描き方としては、眉頭は薄く目尻に向かって少しずつ濃くグラデーションを描いていくことによって立花んを出し、引き締まった印象を作ることができます。目尻は眉頭よりも上の位置に描くことでリフトアップ効果を得ることができます。引き方も目尻の部分を跳ね上げるように描くことで顔を小さく見せることができ、落ち着いたトーンの色を選ぶことでより効果を高められます。
アイシャドウは単色ではなく、3色以上のグラデーションを描ける物を選びます。まつ毛や目尻側に濃い色が来るようにグラデーションを使っていきます。淡い色は膨張して見えてしまうため避けると良いとされています。
黒目の上下を強調するようにマスカラはしっかりつけていきます。
メイクで小顔を作るためには、アイメイクだけではなくファンデーションやチーク、リップと総合的に考えていくことが大切です。

小顔を作るテクニック:シェーディング編

| 未分類 |

小顔になりたいと考えた場合、覚えておきたいテクニックがシェーディングです。
これは、メイクによって顔に影をつけていく方法です。
その為に必要なのは、普段使っているファンデーションよりも2トーン程度、色が濃い、グレーかベージュのパウダーです。
そして、このパウダーを塗る為の大きめのブラシです。
ファンデーションを塗った後の肌に、このパウダーを塗っていくのですが、ブラシにつけたパウダーのうち、余分なパウダーは落としておきます。
頬の場合、こめかみからエラに向かって、滑らすように塗っていきます。
それにより、不自然な影にならないようにする事が出来ます。
同時に、パウダーを生え際にそってつけていく事で、おでこを狭く見せる事が出来ます。
エラの辺りと、おでこの辺りに影を入れるようにするだけで、ダイエット等をしなくても、手軽に小顔を演出する事が可能となります。
この際に注意をしておきたいのが、パウダーをつけ過ぎない事です。
更に、この影をより引き立てたいと考えたら、Tゾーン等にハイライトを入れる事で、より小顔に見せる事が出来ます。
手軽に小顔になりたいと考えるのであれば、シェーディングの入れ方を覚えておく事がお勧めです。

小顔は美人と言われる条件の1つです。
マッサージやダイエットで小顔になりたいけれど、面倒くさい、する時間が取れないという方も、多いのではないでしょうか。
実は小顔はメイクで簡単に作れます。

ここでは、メイクアップアーティスト直伝の、小顔メイクを紹介したいと思います。
小顔になれるメイクには、2色のファンデーションが必要です。
1つは自分の肌色に合ったファンデ、もう1つは少し色の濃いファンデを用意しましょう。

ファンデ1色使いだと、どうしても顔はのっぺりとした印象となり、小顔とは程遠い仕上がりになってしまいます。
色の違うファンデを使いこなす事で、顔に立体感が生まれ、小顔に見えるのです。

まずは自分の肌色に合ったファンデを、おでこ・鼻・頬といった顔の中心に塗りましょう。
この時、内側から外側へと塗り広げると、自然なグラデーションができるので、より小顔効果が生まれます。
次に自分の肌色よりも濃いファンデを、フェイスライン・鼻の両脇に塗ります。

最後に2色のファンデーションの境目が分からないようにする為、スポンジでぼかして小顔メイクの完成です。
リキッドファンデならグラデーションがつけやすいので、初めて小顔メイクするという方でも扱いやすいでしょう。mobile04_l.

怖くない?美顔針の小顔矯正効果

| 未分類 |

しわやたるみ、また、ほうれい線やむくみといった肌質の改善方法の1つに美容針があります。鍼治療では、どうしても痛みや刺されることへの恐怖心が先にたってしまいますが、実際における治療では痛みをほとんど感じることはなく、安心して受けることができ、また、1回の施術で効果を実感することができるなどのメリットがあります。施術では事前にカウンセリングが行われ、丁寧な説明が行われるために初めての場合でも心配することは無く、ここでは、行うことによるコラーゲン生成の効果や、他にも筋肉に直接アプローチをすることにるコリやリフトアップ等の改善に関して詳しく説明を行ってくれます。
小顔矯正で使用される鍼は一番細いタイプが使用されており、通常は40本程度をツボとなる箇所に刺していきます。そして、小顔でも気になるほうれい線にもしっかりと対応がされ、顔全体で左右対称になるように、また、悩みの原因に合わせてバランス良く刺していきます。次に、鍼を刺した状態で、顔や頭皮、首回りのマッサージが行われ、ここでは、経路のツボを押しながら歪みを改善させ、顔全体の筋肉をほぐすようにリフレッシュするように進めていきます。
小顔矯正では、その後にブラシを用いてリンパの流れを良くしたり、むくみを取り除いていくことになり、仕上げとしては手の平によるフェイスラインのマッサージが行われることになります。

簡単にマッサージを行ないたい、と言う場合におすすめなのが冷やしスプーンを使ったものが良いとされています。
リーズナブルで簡単な方法で、冷やしたスプーンの裏で皮膚を軽く叩いたり擦ったりすることで肌を引き締めて、美肌効果を得ることができるとされています。
やり方は簡単で、自分の顔に合ったスプーンを用意します。丸顔タイプは深みのあって裏側のカーブがしっかりしているスープスプーン、面長の人は裏側のカーブが滑らかなディナースプーなどがおすすめです。目元やリンパのケアにはマドラー、小鼻にはティースプーと場所によって使い分けます。
用意したスプーンを冷蔵庫で冷やしたら、スプーンの柄の端を持って手首のスナップを利かせるように軽く叩いていきます。頬を中心から外へ叩いていくことが基本ですが、頬骨は叩くと痛いため軽く押し当てていきます。こうすることによって開いた毛穴の引き締めやたるみに効果的です。
また、温かいスプーンと冷たいスプーンを用意してマッサージしていくと温冷刺激によって肌の新陳代謝が高まったり、スプーンに化粧水を染み込ませたコットンを巻き付けてパッティングするなども良いとされています。
その他、寝不足のくまや腫れぼったいまぶたができたときに行なってもくまや腫れが解消します。mobile03_l.

ほうれい線にも?!舌出し、舌回しのやり方

| 未分類 |

顔は人の印象を決める重要な部位であり、出来るだけ若くきれいな状態を保ちたいと思う方がほとんどです。しかし加齢によりしわや皮膚のたるみも生じてしまいます。それを防ぐために多くの化粧品を使う・エステに通うという手段もありますが、継続して通うつづける必要があるため、いくらお金があっても足りません。それに対し、最近では舌回し美容という擁護が注目を集めています。これはその名の通り、舌回しや舌出しをすることでほうれい線や皮膚のたるみ・しわ等の改善が可能というものです。
方法はいたってシンプルで、口の中で舌をぐるぐると回したり、前に舌を突き出すといった様に、いろんな方向に舌を動かすだけです。それにより、普段使わない表情筋を動かすことが可能となり凝り固まった皮膚をほぐすことが可能となります。またその際に内側から下で口腔内を押すようにマッサージすることで直接皮膚のしわを伸ばすことも可能です。とくにほうれい線に効果を示しやすいです。加えて舌を活発に動かすことで口腔内の唾液量の増加も図ることが出来、殺菌作用を得ることが出来ます。この方法では時間もお金もかけずにいつでもどこでも簡単に出来るというメリットがあります。美容にお金をかける前に一度試してみる価値は十分にあります。

小顔の近道!耳たぶ回しって?

| 未分類 |

小顔は女性にとっての憧れでもあり、ひとつのステータスともいえます。小顔の作り方は多く存在しますが、その中の一つに耳たぶ回しという手段があります。これは両側の耳たぶを持ち、くるくると回すだけで小顔になるという夢のような方法です。そのメカニズムとして、耳たぶの近くにはリンパ組織が多く存在します。耳たぶを外力にて動かすことでリンパ組織にも動きが生じ、結果的に老廃物を排出しやすくなります。老廃物が排出されるとむくみも改善し、結果的に小顔へと近づくことが出来ます。
正式な方法としては、耳たぶをぐるぐると何回か回した後に顔のマッサージを行います。耳たぶを回してリンパを刺激し、老廃物が流れやすくなった状態で顔をマッサージすることで顔に蓄積したる廃物を一気に除去することが出来るというわけです。またこれに伴いリンパ組織以外にも血流の改善も見込むことが出来ます。そのため、小顔以外にも皮膚のたるみやシワ・肩こり・頭痛・不眠の改善など数多くの健康への働きかけが可能となります。この方法だと食事制限や運動といった負担やストレスを感じる必要もありません。また所要時間も短いことに加えてお金も一切かからない、メリットに溢れた美容法となっています。

どうして?デカ顔になってしまう理由

| 未分類 |

小顔はスタイルが良く見えるので小顔に憧れている人はとても多いです。実際にそれほどデカ顔な訳ではなくても、自分はデカ顔だから小顔にしたいと日々努力をしている人も沢山います。
デカ顔になってしまう原因は、まずは根本的に顔の骨格そのものが大きい場合があります。これを本当に小顔にしようと思うと美容整形以外には小さくする方法はありません。しかし、日常生活を送る中で骨格がずれてしまい、本来の大きさよりも顔が大きく見えてしまうという方もいます。骨格がずれてしまう理由として多いのは、食べ物を食べる時に毎回同じ方向の歯で噛んでしまう事や頬杖をついてしまうという事があげられます。顔の左右のバランスが崩れてしまう為、顔が大きく見えてしまうのです。食べる時には左右バランス良く噛む様にしたり、頬杖をつく癖を辞めるのはとても良いことですが、一度崩れてしまったバランスを自分で治すのは難しいので、整骨院へ行くなどプロの施術を受ける事をお勧めします。骨格が正しい位置に戻った段階で、そのバランスを維持出来る様な日常生活を送る事が大切です。また骨格の歪み以外では、顔のむくみが原因でデカ顔になってしまう事も考えられます。リンパマッサージをするなど、顔の老廃物を流してむくみを取る事で小顔にする事は可能です。mobile02_l.

可愛くなりたい!小顔のメリット

| 未分類 |

鏡を見ているとそれほど気がつかないのですが、街を歩いて人の顔を見ていると、何となく大きい人もいれば小顔の人もいるなと気がつくのではないでしょうか。それに、たくさんの人たちが顔は小さい方がいいとこぞって言うのにはどうしてだろうと思う人もいることでしょう。

小顔のメリットとしては、遠目から見て全身を見たときのバランスが良いというのが挙げられます。顔が大きいとどこかちぐはぐな印象を受けますが、顔が小さいとそういうような感じはしにくいので、遠くから見ても何となくあの子はかわいいなと思ってもらえるのです。小顔だとその分等身が上がってすっきりとしたスタイルに見えますから、試しに何人かの通りすがりの人を見比べてみるといいでしょう。

それに、顔そのもののパーツの大きさは同じだったとしても、小顔であればパーツの大きさは同じはずなのに強調されて大きく感じます。その点でもメリットがあると言えるので、顔がむくみやすい人はマッサージなどをしたりするのもいいですし、顔の運動を行ってダイエットをして引き締めるのも効果があります。もっとかわいくなりたいと思うのであれば、メリットもたくさんある小顔を目指して頑張ってみましょう。mobile01_l

最近の投稿