» 2016 » 3月のブログ記事

脱毛の注意点

| 未分類 |

脱毛の注意点として、施術を受けるには肌に条件があります。健康状態が良好でない場合や肌トラブルがある場合には、施術を受けることができない場合があります。また、体調が優れない、乾燥している、服薬している、妊娠・授乳中である、日焼けしているなどの状態でも施術が不可能になる場合があります。
施術後は、運動や発汗を促す行為である入浴やサウナ、スポーツ、マッサージ、温泉、岩盤浴などは控えるようにします。
脱毛する際には、乾燥や日焼けには注意が必要になります。乾燥や日焼けしている肌はダメージを受けている状態です。その状態で、脱毛施術を受けるとさらにダメージを受けてしまい、火傷などのトラブルを引き起こすリスクがあります。そのため、日頃から日焼け防止や保湿ケアを行う必要があります。
施術前、当日を通して、前後12時間はアルコールの摂取を控え、前後10日以内の予防接種は避けるようにします。体温が上昇することで、体内に熱をこもりやすくなるため赤みやかゆみなどのトラブルが出やすくなります。当日もしくは前日に電気シェーバーを使って脱毛箇所の自己処理を行います。肌に赤みが出やすい場合には事前にスタッフに相談しておきます。

施術前の確認事項

| 未分類 |

脱毛の施術を受ければ、プロに手によってムダ毛のないつるつるのお肌を手に入れることができます。ムダ毛の成長を止めるくらいの働きがある特殊な光を照射するわけですから、肌に優しいとはいっても色々と事前に確認しておきたいことがあります。不安や疑問をそのままにしてしまうと、後々トラブルに発展する可能性もありますので、必ずクリアにしてから臨むことが大切です。
肌の弱い人は、細かな施術の内容や肌への影響、施術後に考え得るトラブルなどを聞いておかなければなりません。また、痛みに敏感な人は、どの程度の痛みを伴うのかも聞いておいた方が安心です。どこの施設でも施術を受ける前に細かな料金設定が提示されますが、中にはあいまいな部分を残すところもありますので、かかる費用をしっかりと確認しておくことも忘れてはいけません。
施術を行う施設側からは、事前に気をつけなければならないことが伝えられます。たとえば、光やレーザーの照射を行う際には黒いメラニン色素に反応しますので日焼けをしないようにすること、前日までにムダ毛を剃っておくこと、施術を受ける日には制汗剤を使用しないようにすることなどが伝えられます。これらを正しく守ることで安全に施術が受けられます。

脱毛の時間

| 未分類 |

脱毛といえば、施術に時間がかかるというイメージを持つ人も少なくないでしょう。
ですが、現在は両脇等であれば、10分程度で施術が完了するという事が一般的です。
全身脱毛であっても120分から180分程度あれば施術が可能という状態になっています。
全身脱毛の場合、1人のスタッフが施術を行っていく場合と、複数のスタッフが施術を行っていく場合で、かかる時間が大きく変わってきます。
ですから、脱毛はとても手軽なものになってきています。
ただ、1回の施術は長くて180分程度であっても、ムダ毛がなくなる状態にするには、脱毛サロンの場合、18回前後の施術が必要となってきます。
施術は、毛周期に合わせて行う事が最も効率的となっており、脇等、一般的な部位の場合、2ヶ月に1回程度のペースで行っていく事になります。
このペースで18回の施術を行う場合、3年近くの期間が必要になります。
脱毛といえば、春先に始めれば、夏に間に合うというイメージを持つ人もいるでしょう。
ですが、春先に始めても、夏に間に合う事はありません。
実際に脱毛を行いたいと考えた場合、ムダ毛がなくなるまでに必要な期間もしっかりと考えた上で、脱毛サロンに通い始める事が大切です。

脱毛の費用

| 未分類 |

永久脱毛をしたいと考えた場合、美容系のクリニック等、医療機関で施術を受ける事になります。
医療機関で現在主流となっている脱毛法、医療レーザー脱毛は、部位の面積に応じて料金が変わる事になります。
脇等、小さな部位であれば、1回6,000円程度、面積の大きな部位であれば10,000円から20,000円程度が相場となります。
エステや脱毛サロンに比べてその料金が高いというイメージを持つ人は少なくありませんが、エステや脱毛サロンの場合、ムダ毛がなくなるまで18回から20回程度の施術が必要になるのに対し、医療機関は6回から8回程度の施術でムダ毛が生えてこない状態になります。
ですから、総額で考えると、エステや脱毛サロンと変わらない程度になるという事も少なくありません。
ただ、医療機関によって、その料金は大きく異なります。
更に、回数が大きくなった時のセットプランの割引も医療機関によって大きく変わってきます。
実際に医療機関で永久脱毛の施術を受けたいと考えたら、5回から6回の施術を受けた場合の費用を考えておく事がお勧めです。
少しでも安く施術を受けたいと考えたら、医療機関の料金やプランの比較検討をしておく事が有効です。

永久脱毛が求められる理由

| 未分類 |

永久脱毛の最大のメリットは、繰り返し処理を行わなくてもムダ毛が生えてこないという点です。ムダ毛処理を行うと、どうしても肌トラブルを起こしやすくなります。それは、処理を行う際に皮膚に見えないくらい小さな傷がついたり、開いた毛穴からバイ菌が入ったりするためです。肌トラブルを頻繁に起こしていると、色素沈着につながる恐れもあります。一度色素沈着を起こすとなかなか改善されませんので、そうなる前にトラブルになるような処理を行わないことが大切です。
永久脱毛では、毛母細胞にある再生組織の働きをストップさせます。働きをやめた毛穴からはムダ毛は生えてきませんので、その後はお手入れが必要ではなくなります。処理をしなくても良いということは、肌トラブルにつながるような要因を抱える可能性が減るということですので、肌を良いコンディションに保ちやすくなります。
このように、処理を行うことによるリスクを考えると、少し大変でも永久脱毛をしてしまった方が安心です。特にトラブルを起こしやすい人や敏感肌の人は負担の少ない方法で処理をしてしまった方が良いといえます。最近では肌に優しい方法もたくさん登場していますので、肌質や状態に合わせて選ぶことができます。

脱毛と永久脱毛の違い

| 未分類 |

脱毛施術において永久脱毛を謳っていいのは、医療機関で医師免許を持った人が行う医療用レーザーでの施術のみとされています。
これは厚生労働省が明確に示していますので、脱毛サロンなどでは永久脱毛という言葉を使うことが禁じられており、半永久的といった表現などが使われることがほとんどです。
またこうしたことだけではなく、サロンでの脱毛と医療機関での脱毛はそもそも使われている脱毛器に大きな違いがあります。
サロンで使われているのは光脱毛器であり、医療機関では医療用レーザーが使われています。この二つの脱毛器の大きな違いといえばレーザーの出力レベルです。
脱毛は高出力であれば、それだけ効果が高いといえますので、医療機関のほうが脱毛にかかる期間も短く済ますことが出来るのです。
このようなことから永久脱毛は医療機関でしか受けられない施術であるといえるのですが、脱毛が終了して1ヵ月後の時点で毛の再生率が20%以下という永久脱毛の定義だけで考えると、サロンでの施術もそうである場合があります。
脱毛効果は人によって違ってくるものですので、脱毛終了後の状態もひとそれぞれです。場合によっては医療機関で脱毛をしても効果が低かったというケースもあるでしょう。
ですので、脱毛と永久脱毛には、実際にはそれほど大きな違いはないといえるのです。

なぜ永久脱毛ができるの?

| 未分類 |

永久脱毛の仕組みを知ることで、なぜ医療レーザー脱毛を受けると毛がはえないのか、理解ができるようになります。人間の体毛というのは、生えてきたら永遠に伸びているものではありません。体毛には生え変わる一定のサイクルがあって、そのサイクルに合わせて生えては抜け落ちるということを、何回も行っています。脱毛は順調に繰り返されている、その毛サイクルに合わせてお手入れをしていくことになります。永久脱毛ができるのは、ムダ毛が生えてくる元にもなっている、毛乳頭などの細胞を、レーザーによって完全破壊するためです。ムダ毛が生えてくるために必要な組織が、完全に消去するために、ムダ毛の再生はなくなりますし、これが永久性の脱毛にもつながります。エステサロンでも脱毛は行われていますが、ダメージを与えても、毛乳頭などの組織を壊すことはできません。そのためエステでの脱毛は、いくらやっても永久脱毛にはなりません。永久脱毛ができる脱毛マシンは、エステでは許可されてはいない医療機器です。出力はとても強力であり、そのため組織を破壊する程の強いパワーを持ちます。しかし、肌の表皮にはダメージを与えないという、とても優れたマシンでもあります。

永久脱毛って何?

| 未分類 |

脱毛したいと考えた時、脱毛サロンに通うか美容クリニックに行くか迷うことがあると思われますが、永久脱毛した問と考えるのなら美容クリニックをおすすめします。

美容クリニックでの脱毛法は、医療レーザーによる脱毛です。

単一な波長のレーザーを脱毛したい部位に当てて照射し、脱毛効果を得るもので、脱毛サロンのフラッシュ脱毛に比べて痛みが強いこともあるので麻酔クリームなどを使用してから施術を行います。
医療レーザーの特徴は、フラッシュ脱毛などに比べて威力が高いので医療従事者でなければ扱うことができないので安全性が高く、アフターケアやトラブルがあった際にも美容クリニックなのですぐに対応してくれたり相談できるというメリットがあります。

威力が強いということはそれだけ脱毛効果が高いということで、一度施術を受けてしまえば、その後自分でムダ毛を処理する必要はなくなります。
効果が高いということはそれだけ一回の施術料金も高いということですが、1、2回ですぐに脱毛効果を実感できるので、部位によってはトータル的に考えると格安で脱毛できることもあります。

完全に脱毛が完了するまでには半年から1年、長くて2年かかる場合もありますが、脱毛効果が非常に高いので半永久的に続きます。

もう自己処理にはうんざりという人は、ぜひ美容クリニックでの永久脱毛を試してみてはいかがでしょうか。

医療機関での施術

| 未分類 |

医療機関で行う脱毛方法に、ニードル脱毛があります。毛穴に差し込んだ針から電気を流して、毛根を1つ1つ破壊します。確実に永久脱毛ができる施術で、色素沈着を起こした皮膚や埋没毛などレーザー脱毛では処理できない部位にも対応しています。また、レーザー脱毛や光脱毛は施術をしてから数日~数週間かけて毛を抜けさせるのに対して、施術した時点で毛が抜けるので施術後にはツルツルの肌になります。ニードル脱毛は電気を流す時に痛いのがデメリットです。しかし医療機関で施術を受ければ問題ありません。使われる針にはニードル針と絶縁針の2種類があります。エステサロンで使われるニードル針はチタンやゴールドで加工されたものですが、1本1本電気を流すたびに痛みを伴います。絶縁針は毛穴に差し込んだ時に針が直接皮膚に触れないように特殊なコーティングがほどこされています。よって電気による皮膚のダメージが小さく、絶縁針は医療機関でのみ使用できます。さらに施術の難易度が高いので、施術する人によって痛みの感じ方も変わるため、経験を積んだ人を選ぶ必要があります。医療機関では、何か肌トラブルが起こった時に、医師がその場で対応できるので安心できます。

ソファーとテーブル脱毛と言うと最近のものと思われがちですが、実は紀元前から脱毛の歴史はあったのです。
地中海地方や古代オリエントでは既に薬品を使っていました。
海外では既に美意識が高い方々がムダ毛を処理することをしていたのです。

日本では江戸時代の身分の高い女性は額の余分な毛を抜いて新たに美しく額を書くと言う
細やかさだったのです。
また、隠れたムダ毛などは軽石や線香を使って焼き切ったりするなど、凄い手間を掛けて処理
していたのです。勿論処理した後はうぐいすのフンや今でも名前は聞きますがヘチマ水などで
しっかり整えていたのです。浮世絵などにも眉間の眉毛のムダ毛を毛抜きで処理している絵があります。
既にムダ毛処理はこの頃から常識になっていたのです。
そしてアメリカで1875年に直流電流による逆さまつ毛を永久的に抜いてしまうと言う画期的な事が
ありましたが、この時点ではまだ大変な時間を要して体毛を処理していました。
1900年代になると電気分解脱毛器と言う画期的な器械が発明され販売されます。
この辺りから腋の毛の処理が当然のようにファッションに馴染んで行きました。
1980年代になり更に進歩を遂げて、医療用レーザーでの施術が施されるようになって来たのです。
そして現代、美容ライト脱毛、光脱毛と進化し続けています。

最近の投稿