エイジングケアのためのサプリ摂取

| 未分類 |

女性も30代を過ぎると、肌のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸やセラミド、皮脂などの皮膚構成成分や、女性ホルモンが減少してきます。そこで、皮膚や体全体のエイジングケアが必要となってきます。ケアの方法としては、顔や体のスキンケアとサプリを摂取するなどの体の内側からのケアがあります。
サプリを摂取し体の内側からケアすることで、皮膚の再生や、皮膚構成成分を内側から補うことができます。皮膚に必要なサプリとしては、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、セラミド、皮脂を補うスクワレンや美白に関与するハトムギなどが挙げられます。紫外線により発生する活性酸素を除去するアスタキサンチンやポリフェノール類も美容によいのでよく摂取されています。
また、女性ホルモンに類似した成分の摂取により体全体の美容と健康をケアすることができます。大豆イソフラボンは代表的で、さらに作られるエクオールといった成分も注目を集めています。胎盤に含まれるプラセンタは、コラーゲンの生成を促進したり、美白に作用すると言われており、近年摂取が増えているサプリです。
この他にも、健康と美容に欠かせないビタミンB群やビタミンC、体の構成成分であるアミノ酸などもエイジングケアのために必要です。
これらのサプリのうち自分に足りないものを上手に取り入れてケアしていきたいものですね。

最近の投稿