脱毛と永久脱毛の違い

| 未分類 |

脱毛施術において永久脱毛を謳っていいのは、医療機関で医師免許を持った人が行う医療用レーザーでの施術のみとされています。
これは厚生労働省が明確に示していますので、脱毛サロンなどでは永久脱毛という言葉を使うことが禁じられており、半永久的といった表現などが使われることがほとんどです。
またこうしたことだけではなく、サロンでの脱毛と医療機関での脱毛はそもそも使われている脱毛器に大きな違いがあります。
サロンで使われているのは光脱毛器であり、医療機関では医療用レーザーが使われています。この二つの脱毛器の大きな違いといえばレーザーの出力レベルです。
脱毛は高出力であれば、それだけ効果が高いといえますので、医療機関のほうが脱毛にかかる期間も短く済ますことが出来るのです。
このようなことから永久脱毛は医療機関でしか受けられない施術であるといえるのですが、脱毛が終了して1ヵ月後の時点で毛の再生率が20%以下という永久脱毛の定義だけで考えると、サロンでの施術もそうである場合があります。
脱毛効果は人によって違ってくるものですので、脱毛終了後の状態もひとそれぞれです。場合によっては医療機関で脱毛をしても効果が低かったというケースもあるでしょう。
ですので、脱毛と永久脱毛には、実際にはそれほど大きな違いはないといえるのです。

最近の投稿