どうして?デカ顔になってしまう理由

| 未分類 |

小顔はスタイルが良く見えるので小顔に憧れている人はとても多いです。実際にそれほどデカ顔な訳ではなくても、自分はデカ顔だから小顔にしたいと日々努力をしている人も沢山います。
デカ顔になってしまう原因は、まずは根本的に顔の骨格そのものが大きい場合があります。これを本当に小顔にしようと思うと美容整形以外には小さくする方法はありません。しかし、日常生活を送る中で骨格がずれてしまい、本来の大きさよりも顔が大きく見えてしまうという方もいます。骨格がずれてしまう理由として多いのは、食べ物を食べる時に毎回同じ方向の歯で噛んでしまう事や頬杖をついてしまうという事があげられます。顔の左右のバランスが崩れてしまう為、顔が大きく見えてしまうのです。食べる時には左右バランス良く噛む様にしたり、頬杖をつく癖を辞めるのはとても良いことですが、一度崩れてしまったバランスを自分で治すのは難しいので、整骨院へ行くなどプロの施術を受ける事をお勧めします。骨格が正しい位置に戻った段階で、そのバランスを維持出来る様な日常生活を送る事が大切です。また骨格の歪み以外では、顔のむくみが原因でデカ顔になってしまう事も考えられます。リンパマッサージをするなど、顔の老廃物を流してむくみを取る事で小顔にする事は可能です。mobile02_l.

最近の投稿