ハサミを縦に入れるのがポイント

| 未分類 |

前髪を自分で切る際に、思わず切りすぎてしまった、失敗してしまったといった経験がある人も多いのではないでしょうか。それらの失敗、実はハサミの使い方がその要因となっているかもしれません。前髪を自分で切る際のポイントとして押さえておきたいのは、まずハサミを横ではなく、縦に入れるようにすることです。これによって、一度に切れる髪の量を少なくしていくことができます。部分的にスキを入れていくなんてことも可能になってくるので、より自然な仕上がりにしていくことができます。そこまで頻繁にヘアカットに行くことができないという人でもこの方法なら適度にヘアメンテナンスができます。全体的なバランスを見て、まとめてではなく、少しずつ切っていくようにする、これがセルフカットで失敗しないためには大切になってきます。
さらに、素人が自宅で使うハサミというものはどうしても、プロの美容師が使うものに比べると切れ味が悪くなります。もちろん、あまりに切れ味が良いハサミであれば失敗した時に取り返しがつかなくなるので、素人の場合は不向きな例もあるのですが、ハサミ選びの際にはその切れ味、機能面の点もチェックしておいた方がいいかもしれません。セルフカットの際はその道具の選び方、そしてその使い方に注意していく必要があります。

最近の投稿