医療機関での施術

| 未分類 |

医療機関で行う脱毛方法に、ニードル脱毛があります。毛穴に差し込んだ針から電気を流して、毛根を1つ1つ破壊します。確実に永久脱毛ができる施術で、色素沈着を起こした皮膚や埋没毛などレーザー脱毛では処理できない部位にも対応しています。また、レーザー脱毛や光脱毛は施術をしてから数日~数週間かけて毛を抜けさせるのに対して、施術した時点で毛が抜けるので施術後にはツルツルの肌になります。ニードル脱毛は電気を流す時に痛いのがデメリットです。しかし医療機関で施術を受ければ問題ありません。使われる針にはニードル針と絶縁針の2種類があります。エステサロンで使われるニードル針はチタンやゴールドで加工されたものですが、1本1本電気を流すたびに痛みを伴います。絶縁針は毛穴に差し込んだ時に針が直接皮膚に触れないように特殊なコーティングがほどこされています。よって電気による皮膚のダメージが小さく、絶縁針は医療機関でのみ使用できます。さらに施術の難易度が高いので、施術する人によって痛みの感じ方も変わるため、経験を積んだ人を選ぶ必要があります。医療機関では、何か肌トラブルが起こった時に、医師がその場で対応できるので安心できます。

最近の投稿