乾燥を防いで背中ニキビをなくそう!

| 未分類 |

背中にニキビができるのは、乾燥が原因の可能性もあります。背中は元々衣服などとこすれる部分ですので、摩擦による影響を受けやすい部位です。夏場は背中のあいたファッションを好む人もいますが、普段から多少刺激を受けている部位が紫外線を受けることでより過敏になります。紫外線自体が肌を乾燥させる大きな要因となるものですが、摩擦などの刺激によって角質に傷がついているようなコンディションでは状態をより悪化させます。改善するためには、顔のお手入れをする際に背中なども同時にお手入れして、保湿をしっかりと行うようにします。
背中ニキビができていない時でも、ゴシゴシと体を洗うのはNGです。より角質を傷つけてしまいますので、優しい素材のもので洗うことが大切です。乾燥しないように気をつけて潤いや水分保持能力を一定の水準にキープすることができれば、細胞の生まれ変わりが促進されて瑞々しい細胞が増えます。ニキビなどのトラブルを抱えた肌細胞の排出も短い期間で行われるようになりますので、改善のためのケアとしても押さえておきたいところです。紫外線対策では、日傘などをうまく活用して物理的に防ぐことも重要ですので、忘れてはいけません。

最近の投稿