肩こりを解消して背中ニキビを予防しよう

| 未分類 |

血行促進の理論については、漢方医学では陰に属する血の巡りを良くすることを意味します。現代医学の血液と似ていますが、微妙に違うところがあります。しかしながら、流れを良くしたほうが肩こりや背中ニキビの予防になることは確かです。日頃から姿勢を正していれば、自然と気や血の巡りも良くなります。曲芸などを行って肩回しをすれば、血の巡りはさらに良くなるものです。

ツボ押しとは、経絡の表面にある経穴を刺激することであります。体の表面には無数の経穴があり、経絡を通じて気の流れを支配しています。同時に血の流れにも影響を与えていることは、鍼灸の施術を見れば分かることです。経穴には五臓六腑に作用するものが多数ありますから、内臓の疾患に対しても有効なものです。背中ニキビに有効な経穴を刺激すれば、良い効果が得られます。

経穴を刺激することは、マッサージでも行うことができます。あるいは、素足で青竹を踏むことも有効です。そのために、うどん打ちなどの足を使う仕事をしていれば足裏のツボも刺激できるわけです。背中ニキビに有効な経穴が足裏にあれば、一石二鳥の効果となります。その他のツボも刺激することで、体全体の自然治癒力を高めることができます。

最近の投稿