小顔を作るテクニック:チーク編

| 未分類 |

毎日メイクをする女性はとても多いですが、実はメイクの方法を少し変えるだけで小顔に見えるテクニックがあります。小顔に見せるテクニックは色々ありますが、今回はチークの使い方に注目してみましょう。
メイクはしてもチークは使わないという人もいらっしゃいますが、必ず使う事をお勧めします。チークを使う事で頬骨を高く見せる事が出来ますので、顔がより立体的に見えます。まずは鼻の横の頬骨の上からこめかみの方へ向けて筆を動かします。余り濃くなりすぎると不自然にみえてしまいますので注意しましょう。色はオレンジ系が肌との相性も良いですし、幅広い年齢層の方にも合いますのでお勧めです。ピンク系は若々しく見えますが、少し年齢を重ねた人が使用すると違和感を感じてしまいます。頬骨の上に丸く色をのせるメイクテクニックもありますが、これは童顔に見せる方法になり、顔も横広がりな印象になってしまいますので顔が大きく見えてしまいます。チークは頬だけにしか使わない人もいますが、色を変えて、少し濃い目のブランを顔のサイドや髪の毛の生え際使用すると顔に影が出来て小顔に見せる事が出来ます。顔のサイドや生え際に乗せるチークは筆でさっと軽く色を乗せる程度で大丈夫です。

最近の投稿