小顔を作るテクニック:アイメイク編

| 未分類 |

大きな顔がコンプレックスである人は多くいると思われます。小顔体操などの小顔になる方法はさまざまなものがありますが、手軽に小顔になりたいと言う場合におすすめなのがメイクによる小顔効果です。
小顔メイクにはさまざまなテクニックが必要ですが、ポイントのひとつがアイメイクになります。
アイブロウの描き方としては、眉頭は薄く目尻に向かって少しずつ濃くグラデーションを描いていくことによって立花んを出し、引き締まった印象を作ることができます。目尻は眉頭よりも上の位置に描くことでリフトアップ効果を得ることができます。引き方も目尻の部分を跳ね上げるように描くことで顔を小さく見せることができ、落ち着いたトーンの色を選ぶことでより効果を高められます。
アイシャドウは単色ではなく、3色以上のグラデーションを描ける物を選びます。まつ毛や目尻側に濃い色が来るようにグラデーションを使っていきます。淡い色は膨張して見えてしまうため避けると良いとされています。
黒目の上下を強調するようにマスカラはしっかりつけていきます。
メイクで小顔を作るためには、アイメイクだけではなくファンデーションやチーク、リップと総合的に考えていくことが大切です。

最近の投稿