小顔を作るテクニック:シェーディング編

| 未分類 |

小顔になりたいと考えた場合、覚えておきたいテクニックがシェーディングです。
これは、メイクによって顔に影をつけていく方法です。
その為に必要なのは、普段使っているファンデーションよりも2トーン程度、色が濃い、グレーかベージュのパウダーです。
そして、このパウダーを塗る為の大きめのブラシです。
ファンデーションを塗った後の肌に、このパウダーを塗っていくのですが、ブラシにつけたパウダーのうち、余分なパウダーは落としておきます。
頬の場合、こめかみからエラに向かって、滑らすように塗っていきます。
それにより、不自然な影にならないようにする事が出来ます。
同時に、パウダーを生え際にそってつけていく事で、おでこを狭く見せる事が出来ます。
エラの辺りと、おでこの辺りに影を入れるようにするだけで、ダイエット等をしなくても、手軽に小顔を演出する事が可能となります。
この際に注意をしておきたいのが、パウダーをつけ過ぎない事です。
更に、この影をより引き立てたいと考えたら、Tゾーン等にハイライトを入れる事で、より小顔に見せる事が出来ます。
手軽に小顔になりたいと考えるのであれば、シェーディングの入れ方を覚えておく事がお勧めです。

最近の投稿