抗酸化作用を味方につけて老化予防を!

| 未分類 |

老化スピードは人により大きく異なりますが、これは体内に存在する抗酸化物質の量も関係しています。
野菜をよく食べる方は老けにくいと言われますが、これはカロチノイドを沢山摂っているからです。
ベータカロチン、アルファカロチン、リコピン、ルテインなどは優れた抗酸化力があり、体内のサビつきを防いでくれるのです。

ストレスが溜まったときに発生する活性酸素は、老化を促進することが知られています。
これを抑制するには、抗酸化力のある成分を食品から摂取することです。
スキンケアで美しくなろうと考えたとき、ほとんどの方は使用中のスキンケア用品を高価なタイプに変えるのです。
しかし、毎日食べる食事内容は今までと同じというケースが多いです。
老化予防のために大切なのは、体内に抗酸化力のある食品を入れてあげることです。
野菜を意識して食べるだけでも、お肌の状態は変わってくるはずです。
1日に350g以上の野菜を食べている方なら、すでに十分な老化防止作用を発揮しています。
美しくなるためには健康を維持する必要があり、そのためには食事内容から変えていく必要があります。
野菜や果物は色の濃いものほど抗酸化力が強いのでおすすめです。
淡色野菜よりも緑黄色野菜のほうが身体にいいことからも明らかです。student02_l

最近の投稿