ほうれい線が出来ると、実際の年齢よりも老けて見えることがあります。実は毎日のちょっとした努力で、この種の老化現象を食い止めることができると言われています。その方法は呼吸と関係があります。仮にいつも口呼吸をしていると、体内の水分が気化されるため水分量が減ってしまうという事態を生じさせることになります。これは肌の乾燥を招く原因ともなり得ます。当然のことながら、乾燥はたるみやシワを引き起こすというわけです。さらに、口呼吸が習慣になっている場合、恐らく舌がたるんでいる状態になっていることでしょう。このような舌のたるみによって起きる口呼吸は、頬のたるみを生じさせたり、ほうれい線ができやすくしたりしてしまうのです。加えて、口呼吸をしていると、口の周りの筋肉を鍛えることができません。その結果、筋肉が退化し重力に耐えられなくなってしまうのです。そこで、老化現象とも言えるほうれい線を是非とも食い止めたいと思うことでしょう。一つの良い方法は、口呼吸を止めるということです。むしろ、鼻呼吸に変えるようにしましょう。そのようにして舌や頬の筋肉を鍛えるようにすることができます。また別の方法としては、口を開けたり舌を出したりする、ちょっとした運動を毎日行なうことです。onsen02_l

最近の投稿