前髪セルフカットやりがちな失敗とは?

| 未分類 |

忙しいと美容院に行く時間が無く、前髪くらいならセルフカットできるかもと自宅で切ったところ、短くなりすぎた、毛先が揃いすぎて日本人形のようになってしまったなどの失敗談が後を絶ちません。
前髪を切るとき、必ずよく乾かした状態できるようにする事が大切です。濡れた状態の前髪は水の重みで本来の位置よりも下に下がっており、その位置を基準にして切ると乾かしたときに短くなりすぎてしまいます。
また、面倒だからと鋏を横に使い、一度に広範囲の長さを揃えようとしてしまうと、毛先が一直線になりすぎてしまい、不自然なラインになってしまいます。
ハサミは必ず縦に入れ、溝を作るように切っていくのがポイントです。
更に、髪は生えている場所によって長さが違います。髪を一束ずつ持って真上に上げたり、横に引っ張ってみたりして、不揃いなところを少しずつ調節するように時間をかけて切っていく必要があります。
軽くしようとしてすきバサミを使うのは良いのですが、誤って根元の方からすきバサミで切ってしまうと、予想以上に髪と髪の間が空き、スカスカの前髪になってしまう事があります。必ず毛先だけに使うようにし、普通のハサミと同じように縦に使うことが重要です。

最近の投稿