エイジングケアとは、加齢によってあらわれてくる状態に対して行うケアのことです。これをこまめに、正しく行えば、年齢を重ねることも、それによって出てくる状態も少しも怖くありません。年齢を重ねた肌で特に気になるのが乾燥です。そして乾燥は、しわやたるみ、更には肌の生まれ変わりであるターンオーバーを乱れさせるため、しみなどの原因になる場合もあります。エイジングケアのために乾燥を予防するのであれば、化粧水やクリームなどを使用して、潤いを与え閉じ込めるのは基本中の基本です。より高いケアを望むのであれば、もう一歩先を行く必要があり、そこでおすすめしたいのがローションパックです。ローションパックは、普段、使用している化粧水などをコットンなどに染み込ませて、パックすると言うものです。自宅で簡単にできるケアとして人気を集めています。やり方はとても簡単で、コットンに化粧水をじゅうぶんに染み込ませて、それを乾燥が気になる場所などに貼り付け、5分程度、時間を置くだけです。後はコットンを剥がして、与えた潤いを閉じ込めるためにクリームなどを塗ると良いです。コットンが用意できない場合は、ティッシュペーパーを何枚か重ねた物でも構いません。手持ちの化粧水をたっぷり使うのは気が引けると言う方は、あらかじめ化粧水などが浸されたローションパックを購入しても良いです。顔の部分だけでなく、全部をパックするのもとても気持ちが良いです。ただし、パックする時間は5分、市販されているものに関してはパッケージなどに記載されている時間を厳守してください。これは、それ以上の時間、パックすることは肌の乾燥を進行させることもあるためです。

最近の投稿