背中ニキビの原因になりやすい食べ物

| 未分類 |

油分が多過ぎる食べ物は背中ニキビになりやすいといわれています。また、油を多く使った料理を食べ過ぎると肥満になったり、中性脂肪を増やすリスクが高くなりますので注意が必要です。油分が多く入っている食べ物には揚げ物料理だけでなく、インスタント食品、脂が多い肉類などがあります。肉の脂は皮脂を分泌させてニキビになりやすいですが、逆に、魚の脂は不飽和脂肪酸ですので背中ニキビの予防や改善には、魚中心の食事が望ましいといえます。

また、糖分と脂は関係しあっていて、エネルギーとして消費することができなかった分は中性脂肪に変わります。ですので、過剰摂取も背中ニキビ二になりやすいといえます。糖分の1日に摂取する量は20g程までが適量といわれています。お菓子やジュース、缶コーヒーには多く含まれていますので、なるべく控えるようにすることで予防できます。

背中ニキビは肌着や衣類での摩擦などで炎症を起こしやすいことや、汗をかきやすく脂が溜まりやすいので、ニキビになりやすいところです。毎日のお風呂で背中の汚れをキレイに洗い落して清潔に保つことで対策をすることができます。また、日頃の食生活で脂分の多い食べ物を控え、糖分の摂り過ぎにも注意することが肝要です。猫03

最近の投稿