背中ニキビの予防に効果的な方法とは?

| 未分類 |

暑い時期になり、露出が増えてくるこの頃ですが、見えない部分である背中は、ニキビが出来やすいのでしっかりとケアしていくことが大切です。

まず、背中にニキビが出来やすい原因として、お風呂に入った際にシャンプーやボディソープなどがしっかり洗い落としてないことが原因となります。

意外にも背中は皮脂が多く分泌する場所であり、毛穴が詰まりやすいのが難点です。
その上シャンプーなどの汚れを落とすために界面活性剤の洗い残しがあると、毛穴が詰まってしまい、肌を刺激してニキビが出来やすくなります。

シャンプーをする際には、肩や背中に洗浄剤が残らないようにしっかりとすすぐようにしましょう。

また、就寝時にかく寝汗も、菌が繁殖しやすい環境を作り、また背中ニキビが出来やすい原因となりますので、シーツやパジャマはこまめに洗い、汗をかいたらすぐ清潔な服に着替えるのも予防方法として大切なことです。

それ以外には、背中ニキビ以外にも言えることですが、偏った食生活や不規則な生活習慣、睡眠不足などはニキビが出来やすい原因となります。

生活習慣を改め、栄養バランスの取れた食事をとるように心がけ、良質な睡眠を維持することも背中ニキビを作らないようにする予防法となりますので、これらのことに気をつけて過ごすようにしましょう。

最近の投稿