食事から始めるエイジングケアの方法

| 未分類 |

若返りのために必要としている栄養を補給することは、エイジングケアの食事の基本となります。美容を重視したいときには、皮膚の潤いを保つための栄養を補給して、老化に負けないように努力していきます。加齢による疲労を軽減させるために、スタミナ源としてアミノ酸やビタミンB群を中心に摂取すれば、体の全体から力が湧いてきます。

エイジングケアの食事として、一汁三菜の基本を守ることは特に理想的です。おかずが1品だけで味噌汁もなければ、栄養は明らかに偏ってしまいます。ご飯と味噌汁に加えて、主菜と副菜を同時に並べれば、栄養バランスは自然に整っていきます。食物繊維の摂取量を増やすために、主食は玄米にすることがおすすめです。副菜には野菜や海藻を豊富に使えば、ビタミンやミネラルの摂取量も安定しやすくなります。

エイジングケアの食事には、薬膳の要素も取り入れることで、季節に合わせて体調管理がしやすくなります。冬場には温性の薬味を多用したり、暑い時期には寒涼性の夏野菜を使って、体のほてりを取り除く方法もあります。献立を作るときには、食材の五色五味にも配慮すれば、栄養面でも優れることになります。野菜を使う場合でも色彩が豊富になれば、栄養の偏りも調整できます。

最近の投稿