要注意!おでこに出やすい老化現象

| 未分類 |

おでこは一見余分な脂肪や皮膚が無く常にハリがある感じに思われがちですが、老化現象により目立つシワが刻まれやすい部分です。年齢を重ねていくと肌全体にハリがなくなってくるのは当然で、頭皮の部分から垂れ下がり深いシワになります。早い人では20歳代からおでこにあらわれてくる人もいて、老化させる要因は肌への負担が蓄積していくことが考えられます。

顔の中でもおでこは外気にさらされやすい部分であり、紫外線も受けやすい個所です。さらには、髪の毛などに付着した汚れが付きやすいですし、元々皮脂の分泌量が多い部分でもあります。このため丁寧なケアが欠かせない部分であり、間違ったやり方で乾燥肌にしないようにする必要もあります。

汚れや皮脂が多く付着しているとどうしてもべたつきがなくなるまで石鹸で洗ったり、タオルでこすってしまいがちです。必要以上に洗うことは肌の潤いを留めておくのに必要な油分までも奪ってしまい、乾燥肌になっていきます。皮膚の表面がこすられすぎることも同様で、場合によっては赤くヒリヒリしたり発疹ができやすくなることもあります。洗った後に保湿やクリームなどで肌をいたわり、乾燥させないようにしましょう。

また表情の癖によってシワが寄りやすくなることもあるため、マッサージなどを行っておくと効果的です。onsen_l

最近の投稿