前髪だけをカットしてもらうためにわざわざ美容院に出向くのは、面倒と感じている人も多いのではないでしょうか。しかし、前髪は顔の正面ですから、カットに失敗してしまうと取り返しが付きません。
そこで、自分で前髪をカットする際に失敗しないポイントとしては、ドライカットを行なうということです。ドライカットとは、その名の通り髪の毛を濡らさない状態でカットするということです。その理由としては、髪の毛が濡れた状態でカットしてしまうと、乾かした時に前髪が短くなっていることを気が付く可能性があるためです。完全に乾いた状態で切ると、ハサミが滑ってしまうという場合には霧吹きでほんの少し湿らせてから切ると、滑らずに上手くカットすることが出来ます。
カットする際には、横幅を広くとりすぎないようにしましょう。目安としては、目尻から目尻にかけてをカットするようにします。ハサミは、横ではなく、縦に少しずつ入れるようにすると毛先のボリュームを調整しやすいため、自然な前髪にすることが出来ます。一度にたくさんではなく、数回に分けて少しずつ切ることも失敗しない大きなポイントです。
すきバサミを使用する場合は、毛先にだけ使用するようにしましょう。

最近の投稿